還暦祝いのプレゼント

還暦祝いに適さないプレゼント

よかれと思ってついうっかり、マナーを外れてしまうことってありますよね。例えば、結婚式に招かれて「オシャレしてきてね」と言われたので一生懸命着飾ったのに、露出が高くて不興を買ったり。プレゼントにもマナーがあります。今回は、避けた方が良いプレゼントについて。


1 老い、死、別れを思わせるもの

60歳で老人扱いはされたくないもの。老眼鏡、補聴器、杖などは還暦の贈り物にはまだ早いイメージです。還暦祝いに限らず、お年を召した方への贈り物として、人気があるとされるのが健康グッズ。確かに「いつまでもお元気でいて下さい」というメッセージはわかるのですが、ともすれば老人扱いされていると受け取られかねません。喜んでいただけるかはお相手次第と念頭に置きましょう。例えば、散歩もジョギングも趣味でない方に万歩計、標準体型の方に体脂肪計など。先のことはわかりませんが、今現在不要なものですよね。不要なものを貰って喜ぶ方はいないでしょう。


2 目上の方への、贈り物タブー

一般的に、贈り物にはふさわしくないと言われているいくつかのものがあります。また、目下の方にはかまわないものでも、目上の方やお年を召した方へ贈ると失礼にあたるものの。タブーの由来に意味があるものもあれば、何となく縁起が悪そうな語呂合わせだったりもします。あえてこれを選ばず、避けた方が無難です。


「苦」「死」の音から、贈り物には縁起が悪いとされています。また、歯が欠ける/折れることがあるのも避けられる理由です。

刃物、はさみ
「縁を切る」意味があり、おめでたい場でのプレゼントには向きません。


貰った側の寿命が縮むという言い伝えがあり、嫌う方がいます。「橋を渡す/橋を贈る」つまり、お年を召した方に渡すと「早く三途の川を渡れ」という意味になるのだとか。

ガラス製品
「割れる、壊れる」ことから、縁起が悪いとする方がいます。

お茶
よく香典返しに使われることから、嫌がる方がいます。

シクラメンと椿
シクラメンは「死」と「苦」を連想させるため。椿は首がぽとりと落ちる様が死を思わせるため。

靴・靴下
踏みつけるものを贈るのはよくないという考えがあります。

下着
下に身につけるものを目上の方に贈るのは、失礼という考えがあります。

筆記用具
「これでもっと勉強しなさい」という意味になるので、目上の方には失礼という考えがあります。

パジャマ
長く床に着くことを連想させるため。お年を召した方には向きません。

現金、商品券
目上の方に現金を贈るのは相手を低く評価していると捉えられ、ふさわしくありません。ストレートすぎる、物を選ぶ手間を省いたのでは、といった意見もあります。


ご本人の意思が一番大切

もちろん、ご本人がどう考えるかが大切です。ここにあるものでも、喜んでいただける自信の材料があったり、本人からリクエストがあれば気にせず贈ってもかまわないでしょう。
お父さん、お母さんに喜ばれる還暦祝い、ぜひ成功させて下さい!パーティーを盛り上げるプレゼントを贈るなら、断然コチラが人気。
●還暦祝いにぴったりなサプライズプレゼントはコチラ


キャッシュレス

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務のみ

■営業時間
平日AM9:00~PM6:00
土・日・祝日は定休日です。
ネットでの注文・メールでの問い合わせは24時間お受けいたします。

お急ぎの方ご相談ください! 制作事例

商品から探す

似顔絵時計 似顔絵名前の詩 似顔絵祝い酒 似顔絵名入れワイン メッセージ時計 ピカソ子供アート

シーンから探す

還暦祝い 結婚式 定年退職祝い 古希・喜寿祝い 金婚式・銀婚式

ご注文の流れ・ギャラリー

還暦祝いとは

結婚式のマナー

退職祝い

金婚式・銀婚式

よくある質問

店長日記

はじめまして!店長の戸田です。
このサイトは、当社のデザイナーが直接創作、運営するサイトです。
還暦祝いなどの家族間のプレゼントに子供の絵から作るアート作品、思い出の写真でオリジナル時計など、様々なアートグッズを制作しております。「お客様の声に直に触れ、心のかよったアート創りをめざしております。
ぜひ当サイトをご利用ください。お待ちしてます!!
店長日記はこちら >>

今年も当店が担当しました文部化学省公募の科学技術白書表紙絵デザインコンクールの記念品に、写真時計がえらばれました。

コンクールの記念品

表紙デザインの原画を「そのままプリント」で制作しました。
きっと記念の賞品としてもらった子供達は大喜びしてることでしょう。

P150掲載中 当店が紹介されました!

先日、大阪NHKテレビの美人キャスターが取材に来られました。またFM群馬の番組パーソナリティにも取材され、当店の商品を大きく取り上げていただきました。世界でひとつのオリジナルギフト品(ピカソ子供アート、メッセージ油絵、Tシャツ、エプロン、オリジナル時計etc)をアピールさせていただきました。
4月14日発行「週刊女性セブン」て12ページにわたって組まれた特集記事「今日からできる親孝行」で当店のピカソ子供アートや、子供の絵や名前をアート加工したTシャツ、エプロンなどが紹介されました。

スタッフ紹介

  • WEBショップ店長 デザイナー 戸田 大介

    お客様との出逢いを大切に一人一人に「満足」していただけるよう努力しております。WEB店長として、お客様のご要望を大切に、そのお祝いの会を想像しながら感謝の気持ちのつまった贈り物を提案していきたいと思っています。何を贈るか、贈り物に迷ったときは是非私にご相談ください。仕事も、家庭(イクメン中)も、手も抜かずにガンバってます。

  • WEB・似顔絵デザイナー さくら.TO

    当ピカソランドの業務全般を把握するスーパーウーマンを目指しています。似顔絵・デザイン・経理・お客様担当等々。6歳の子育て真っ最中。

  • ベテランデザイナー Hiroko.O

    (?)年入社のベテランデザイナー。
    クライアントの無理難題を、そのパワーと経験で超スピード対応。お客様とのパートナーシップを大切に仕事に精進しております。

  • WEB・似顔絵デザイナー Nana.O

    似顔絵を担当。少し若く、すこし美人に、もちろん笑顔に描いています。長所・短所のデフォルメはせずにお客様に喜ばれる似顔絵を目指します。

  • 似顔絵 YUKO.I

    似顔絵を担当。そっくりに、美人に、かっこよくお客様がいつも見ておられる「あの方のあの笑顔」に少しでも近づけられるよう頑張ります。

  • ベテランデザイナー 代表 戸田 博

    70歳台に突入。デザイナー歴50年以上。第一線からは少し距離を置きながらもWEB広告、SEOなどマーケティングを中心に奮闘中。

外部スタッフ

  • 名前の詩ライター Akiko 伊串

    出産を機に、出版業界からウェブに転身したライター。お客様のお祝いに参加でき嬉しいです。人生のいっぱい詰まったポエム、目指してます!
    趣味は読書とオペラ。

  • 在宅勤務 似顔絵デザイナー W.kazu

     

ページトップへ