還暦祝いとは

長寿祝いの種類と歴史

長寿祝いの種類

長寿お祝いには、年齢ごとに様々な名前があり、「賀寿」とも呼ばれ、年齢ごとに以下のように名前がついています。それぞれの名前の由来は、漢字を崩して数字が出てくるというものが多いですね。ちょっとクイズのようで面白いです。これは一例で、様々な呼び名があり、地域によって変わってきます。例えば、同じ還暦でも「華寿、華甲」などの呼び名があり、100歳では紀寿(一世紀の意味)と言ったりもします。

60歳 還暦 かんれき(干支が元に戻ることから)
65歳 緑寿 ろくじゅ(数え年の66歳をろくろくと読むことから)
70歳 古希 こき(唐の詩人、杜甫の詩に由来)
77歳 喜寿 きじゅ(旧字の喜の字を崩すと、七十七となることから)
80歳 傘寿 さんじゅ(傘の字を崩すと八と十を表すことから)
81歳 半寿 はんじゅ(半の字を崩すと八十一となることから)
88歳 米寿 べいじゅ(米の字を崩すと八十八となることから)
90歳 卒寿 そつじゅ(卒の略字を崩すと九十)
95歳 珍寿 ちんじゅ(このような長生きは珍しい、の意)
99歳 白寿 はくじゅ(百の字から一をとると白になることから)
100歳 百寿 ももじゅ(字の通りです)
100歳以上になると毎年 上寿 じょうじゅ
108歳 茶寿 ちゃじゅ(茶の字を崩すと十、十、八十八となることから)
111歳 皇寿 こうじゅ(皇の字を崩すと白=九十九と、一、十、一となることから)
111歳以上 珍寿 ちんじゅ(このような長生きは珍しい、の意)
119歳 頑寿 がんじゅ(頑の字を崩すと二、八、百、一、八となることから)
120歳 大還暦 だいかんれき(二回目の還暦の意)

▶還暦祝いのおすすめプレゼントはコチラ◀


どのお祝いをするか

全ての賀寿をしなければならないわけではなく、これはお好みでということになりますが、還暦、喜寿、古希、米寿、卒寿をされる方が多いでしょうか。特に還暦は人生の節目として盛大にする傾向がありますから、ぜひ御家族でお祝いしたいものです。 ちなみに、65歳の緑寿は歴史が浅く、作られたのは2002年。日本百貨店協会が提唱しているそうです。十中八九、目的は贈り物商戦のためでしょうね。当時、環境保護やエコというキーワードが流行っていたために、イメージのよい「緑」の字をあて、ろくとも読めるので緑寿と決まったということです。 120歳の大還暦は、還暦が二回目ですから、もう奇跡のようなものですね。公式の記録として大還暦まで生きた方は、122歳で亡くなったフランス人のジャンヌ・カルマンという女性ただ一人です。かつては世界一の長寿として泉重千代という日本人が、2012年までギネス記録を持っていましたが、後の調査で異が唱えられ、登録からは外されてしまいました。


カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務のみ

■営業時間
平日AM9:00~PM6:00
土・日・祝日は定休日です。
ネットでの注文・メールでの問い合わせは24時間お受けいたします。

お急ぎの方ご相談ください! 制作事例

商品から探す

似顔絵時計 似顔絵名前の詩 似顔絵祝い酒 似顔絵名入れワイン メッセージ時計 ピカソ子供アート

シーンから探す

還暦祝い 結婚式 定年退職祝い 古希・喜寿祝い 金婚式・銀婚式

ご注文の流れ・ギャラリー

還暦祝いとは

結婚式のマナー

退職祝い

金婚式・銀婚式

よくある質問

店長日記

はじめまして!店長の戸田です。
このサイトは、当社のデザイナーが直接創作、運営するサイトです。
還暦祝いなどの家族間のプレゼントに子供の絵から作るアート作品、思い出の写真でオリジナル時計など、様々なアートグッズを制作しております。「お客様の声に直に触れ、心のかよったアート創りをめざしております。
ぜひ当サイトをご利用ください。お待ちしてます!!
店長日記はこちら >>

今年も当店が担当しました文部化学省公募の科学技術白書表紙絵デザインコンクールの記念品に、写真時計がえらばれました。

コンクールの記念品

表紙デザインの原画を「そのままプリント」で制作しました。
きっと記念の賞品としてもらった子供達は大喜びしてることでしょう。

P150掲載中 当店が紹介されました!

先日、大阪NHKテレビの美人キャスターが取材に来られました。またFM群馬の番組パーソナリティにも取材され、当店の商品を大きく取り上げていただきました。世界でひとつのオリジナルギフト品(ピカソ子供アート、メッセージ油絵、Tシャツ、エプロン、オリジナル時計etc)をアピールさせていただきました。
4月14日発行「週刊女性セブン」て12ページにわたって組まれた特集記事「今日からできる親孝行」で当店のピカソ子供アートや、子供の絵や名前をアート加工したTシャツ、エプロンなどが紹介されました。

スタッフ紹介

  • WEBショップ店長 デザイナー 戸田 大介

    お客様との出逢いを大切に一人一人に「満足」していただけるよう努力しております。店長として、お客様のご要望を大切に、そのお祝いの会を想像しながら感謝の気持ちのつまった贈り物を提案していきたいと思っています。何を贈るか、贈り物に迷ったときは是非私にご相談ください。

  • WEB・似顔絵デザイナー さくら.TO

    当ピカソランドの業務全般を把握するスーパーウーマンを目指しています。似顔絵・デザイン・経理・お客様担当等々。6歳の子育て真っ最中。

  • 似顔絵 YUKO.I

    似顔絵を担当。そっくりに、美人に、かっこよくお客様がいつも見ておられる「あの方のあの笑顔」に少しでも近づけられるよう頑張ります。

  • 似顔絵 auto

    似顔絵を担当。「お客様を笑顔にする」を目標に日々製作に取り組んでいます。趣味は釣りと生き物のイラスト製作。生粋の生物好き。

  • WEB・似顔絵デザイナー Nana.O

    似顔絵を担当。少し若く、すこし美人に、もちろん笑顔に描いています。長所・短所のデフォルメはせずにお客様に喜ばれる似顔絵を目指します。

  • ベテランデザイナー Hiroko.O

    クライアントの無理難題を、そのパワーと経験で超スピード対応。お客様とのパートナーシップを大切に仕事に精進しております。

  • ベテランデザイナー 代表 戸田 博

    デザイナー歴50年以上。第一線からは少し距離を置きながらもWEB広告、SEOなどマーケティングを中心に奮闘中。

外部スタッフ

  • 名前の詩ライター Akiko 伊串

    出産を機に、出版業界からウェブに転身したライター。お客様のお祝いに参加でき嬉しいです。人生のいっぱい詰まったポエム、目指してます!
    趣味は読書とオペラ。

コラム


2021.1.20
お祝いや記念品に似顔絵の入った贈り物はしたいけれど、満足いく似顔絵を描いてもらえるかどうかが不安。そんな方にはピカソランドにお任せください。一般的な似顔絵の場合、修正をしてもらえないもしくは下書き段階で1回のみ修正してくれるというサービスがほとんどです。ピカソランドはデジタルツールで似顔絵の作成をしているので納得いくまでの書き直しが可能です。
2021.1.13
最近では平均寿命も長くなり、還暦の祝いで赤いちゃんちゃんこを身に付けるのが嫌だという方も多くいらっしゃいます。しかし、送り手としては何か記念になるものを贈ってねぎらいたいもの。そんなときにおすすめなのがメッセージ付きの似顔絵ギフト。通常の似顔絵ギフトとは違い、ピカソランドでは修正が可能。送り主様の意向に合った似顔絵ギフトを作成することができます。
2020.12.23
現在の日本の社会では人生100年と言われています。昔とは違い60歳の還暦の祝いというのはそこまでの頑張りを祝う意味合いよりも、これからまだまだ頑張っていってほしいという意味合いが強いようです。そんな還暦のお祝いに時を刻む時計はいかがでしょうか。ピカソランドでは似顔絵入りの時計の作成を行っております。還暦のお祝いにオリジナルのメッセージ入り時計はいかがでしょうか。
2020.12.17
還暦の祝いとなると何を送っていいのかわからないということもあるでしょう。もともと縁起物であるため、記念となる品であるうえ、縁起のいいものでなければなりません。そんなときにおすすめなのが、本人の似顔絵入りの記念品です。記念になるうえ、その後お部屋のインテリアとしても長く利用することができます。ピカソランドでは似顔絵入りのさまざまな記念品をご用意。世界にひとつだけの記念品を人生の節目にお送りしてはいかがでしょうか。
2020.12.9
ピカソランドでは似顔絵の入り記念品を提供しています。似顔絵時計のほか、名前の詩、お酒のラベルなどさまざまな形で記念品をご提供させていただいております。ご注文は当ホームページからでも、またお電話・FAXでも承っております。お気軽にお問合せください。
2020.12.2
ピカソランドでは還暦のお祝い用の似顔絵入り時計を販売しております。ピカソランドではデジタル絵筆を採用しています。通常の手書きの似顔絵では、完成した商品を修正することができません。しかしデジタルの場合には完成したあとの作品を見て修正することができるため、満足のいく作品を作り上げることができます。
2020.11.26
還暦とは中国や日本で用いられている古い暦の十干十二支が一周したことを祝うことです。暦が還ることから赤ちゃんと同じように赤い衣服を身に着けてお祝いをします。そんな大切な記念に世界にひとつしかないオリジナルのプレゼントはいかがでしょうか。

 

ページトップへ