還暦祝いは父も母も喜ぶ似顔絵時計のピカソランド

各種カード取扱クレジットカード決済システム 送料全国一律 800円 info@picassoland.com TEL.075-781-7091 FAX.075-721-3040 平日9時〜18時FAX・メールは24時間OK! 有限会社デザインヒロ ピカソランド担当まで

ピカソランドの似顔絵商品は還暦祝いや結婚式に両親へ贈るプレゼントにオススメ!

 

金婚式・銀婚式

両親の金婚式におすすめのプレゼント

金婚式とは?

金婚式は結婚50周年の大事な節目です。もとは西洋の文化であり、結婚50周年の節目に「金色の輝きを得た豊かさをお祝いする」という意味で始まったものと伝えられています。
発祥国とされているイギリスでは、金のアクセサリーを夫婦の間で贈りあう習慣がありますが、日本でも「金」にちなんで金製品を贈るのが主流となっており、特に夫婦の名前が刻まれた金杯が多く贈られているようです。
半世紀にわたって、幾多の喜びや苦しみをともに乗り越え、お子さんたちを育ててきたご両親に対し、感謝の気持ちと一緒に、これからも二人仲良くという願いを込めて、素敵なプレゼントを贈ってあげましょう。

どんなものを贈ればいいの?

これまで一生懸命育ててくれたご両親に対して、感謝や敬意の気持ちはもとより、贈られて喜ばれる素敵なプレゼントをしたいと思うものですよね。
とはいえ、じゃあどんなものをプレゼントしたらいいのか?どんなものをプレゼントしたら喜んでくれるのか?と悩むところですが、ここではそのヒントとなるようなアイデアをご紹介します。

食べるもの、飲むもの

一番考えられるのは金粉をあしらったお酒や料理。やはり「金」にちなんで金粉が入ったものをプレゼントするのが多いようです。例えば手作りのケーキに金粉をかけたり、金箔入りのお酒を贈るという人もいるようです。
また、結婚した年のワインというのも考えられます。要は結婚50周年ですので、50年物のワインということになりますが、50年物のワインともなると、かなり年季が入っていますので、味わいもまた深いのではないでしょうか。それだけお二人で長い間ともに支え合い、二人三脚で乗り越えてきたということが感じられるのではないかと思います。

生活用品

発祥国イギリスにならって、金の装身具(アクセサリー)や金色の杯をプレゼントする人も多いようです。食べものや飲みものと違って、こちらは未来永劫、形として残るものですから、それだけ強い思い出になるのではないでしょうか。
他にもご両親の似顔絵が入った時計や、ご両親へのメッセージの入った時計なども多いようです。時計は日常的に使用する生活必需品としてだけでなく、リビング等に備え付けてある「生活の一部」でもありますので、日頃から目にすることも多く、似顔絵やメッセージを目の当たりにすることで、結婚50周年という重みを感じられる逸品ではないかと思われます。

50年の歴史を振り返るアイテム

変わったところでは、結婚した年の新聞。ご両親が結婚した時の社会は一体どうなっていたのかとか、当時をしのばせる品を贈ると、ご両親が互いに歩まれてきた日々が、懐かしく思い出されるものです。
手紙は定番。お子さんたちが、これまで一生懸命育ててくれたご両親に対する感謝の気持ちが込められた品ですので、思い出に残ることはもちろんのこと、非常に感慨深いものとして喜ばれるのではないでしょうか。

旅行券を贈って時間のプレゼント

ここまでは、形に残るプレゼントをご紹介してきましたが、ご両親を家族旅行に招待するのも素敵です。ご両親の新婚旅行先や思い出の地に家族全員で行き、現地で金婚式をお祝いする方も多くいます。思い出の地で家族全員に金婚式をお祝いしてもらえば、ご両親の喜びもまた大きくなるのではないでしょうか。
家族全員で旅行に行くのではなく、あえてご両親だけで旅行に行っていただき、お二人でその喜びを噛みしめてもらうのもまた一つの方法でしょう。

オリジナルプレゼントもおすすめ!

最近では名前詩を贈る人も増えています。これはご両親のお名前を頭文字にして、これを使って詩を展開するもの。似顔絵とセットにするといっそうオリジナル感が出せます。
自分の名前が入っているだけでも感慨深いのに、それをお子さんたちが作ってくれたことや、似顔絵などが入っていれば、ご両親としては嬉しいことこの上ないでしょう。
ピカソランドでは、「似ているのに本物よりも若くて笑顔!」と評判の似顔絵と、丁寧に作成した名前詩を額装してお届けしています。ぜひご利用下さい!

似顔絵名前の詩/額入り28,080円
ピカソランド

両親の銀婚式におすすめのプレゼント

銀婚式とは?

銀婚式は結婚25周年の節目を祝うものです。もともとは西洋で行われていたものであり、発祥国とされているイギリスでは、銀のネックレスや指輪などを夫婦で互いに贈りあったとされています。
25年とは区切りの年であり、銀婚式は「磨けば磨くほど美しさが増」または「いぶし銀のように年月を経たからこそある味わい」に例えて銀の名が付けられています。
この文化がその後日本にも伝播し、明治天皇が1894年(明治27年)に結婚25周年のお祝いをされたことで、日本国内でも多く行われるようになりました。
この25年間、多くの喜怒哀楽をともにして、夫婦生活を送ってきたご両親に対して、感謝の気持ちとこれから先も、二人とも元気で仲良く過ごしてほしいという願いを込めて、素敵なプレゼントを贈ってあげたいですね。

どんなものを贈ろうか?

ではご両親に対して、実際にどのようなプレゼントを贈ったらよいのでしょうか?もちろん、ご両親の好みもありますので、そちらを優先する方法もありますが、できれば自分たちで考えて選び、これまでの感謝の気持ちを込めて、プレゼントを贈りたいところですよね。
そんなお悩みのあなたに、ご両親にはどんなプレゼントを贈ればいいのか、ヒントとなりそうなアイデアをご紹介していきます。

生活必需品

これは銀婚式が始まったばかりの日本で行われていたことですが、例えば銀色の杯を贈ること。日本では古来から結婚式の際に「三々九度の儀式」といって、結婚相手と固めの杯を交わす儀式がありますが、夫婦の契りを再確認するという意味でも、杯を贈るという方法もアリかもしれません。
或いは、発祥国イギリス同様に銀のネックレスやアクセサリー、指輪を贈ること。区切りの年にいただくこれらの装身具は記念に残るものであり、銀婚式ばかりでなく、例えば野球のメジャーリーグでワールドチャンピオンになったチームには、記念のリングが贈呈されていることから、こうした装身具を贈るのも一つの方法といえます。
これに加えて時計もおススメです。時計は日常的に目にする生活用品であり、そこにご両親の似顔絵やご両親に対するメッセージを添えておくと、思い出に残るばかりでなく、25年間の結婚生活の重みを感じられるアイテムとなるでしょう。

年月を感じられる「25年もの」の何か

よく贈られるのが、結婚した年のワイン、要は25年物のワインということですね。25年も熟成されていますから、かなり味わい深いものもありますが、それ以上に自分たちが結婚して25年という長い歳月を感じさせる、感慨深い一品であるといえます。
または結婚した年の新聞。ご両親が結婚した当時は、社会で一体何が起こっていたのか、その時自分たちはどういう生活をしていたのか、ということを思い出させる品であり、当時を振り返ることで、自分たちがいかに長い年月、夫婦生活を送ってきたかということを感じさせるものがあるといえます。

メッセージをプレゼントに

これ以外ですと、例えば手紙。これまで一生懸命育ててくれたご両親への感謝の気持ちをストレートに伝えられるものであり、一文字ずつていねいに、かつ心を込めて書いた手紙は、ご両親の心を感動させる最高のプレゼントになるでしょう。
ご両親を家族旅行に招待し、その場で銀婚式のお祝いを盛大にやるのもいいでしょう。子どもたちの祝福は何物にも代えられない、素敵なプレゼントになると思います。または旅行券をご両親に差し上げて、二人で旅行に行くように送り出すのもいいと思います。あえて二人きりにして銀婚式という記念すべきイベントを迎えてもらうのも、一つの方法といえるでしょう。

オリジナルプレゼントもおすすめ!

世界のどこにもないオリジナルのプレゼントなら、用意してくれたことそのものが嬉しいですよね!似顔絵にメッセージを添えるだけでも立派なプレゼントになります。
ピカソランドでは、「似ているのに本物よりも若くて笑顔!」と評判の似顔絵とメッセージを入れた置き時計をお届けしています。時計なら飾ってもらいやすいので、日々贈り主の心を感じていただけるのではないでしょうか。ぜひご利用下さい!

似顔絵時計/13,500円〜
ピカソランド

記憶に残る銀婚式にするメッセージ文例集

銀婚式とは?どんなお祝いをするといい?

銀婚式とは結婚25年目を祝う儀式のこと。25年もの長い齢月を共に過ごしてきた夫婦の信頼関係を味わい深く磨かれた、いぶし銀のような美しさに例えています。
日本には結婚記念日を祝う風習はありませんでしたが、明治天皇が明治27年に銀婚式をお祝いするために執り行った「大婚二十五祝典」をきっかけに大きく広まりました。そのため、銀婚式は日本人にとって他の記念日よりも特別なものになったのです。西欧から伝わった結婚記念日は、今では日本でも馴染み深い風習となりました。
結婚25周年の記念日にはシルバーのペア食器や腕時計、アクセサリーなど銀にちなんだ品を夫婦で贈り合うのが定番です。両親や上司、恩師などをお祝いするときは、同じくペアの銀製品やお二人の似顔絵、結婚した年のヴィンテージワイン、旅行券などのプレゼントがおすすめ。
そして、プレゼントよりももっと大切なのはメッセージです。普段は照れくさくて言えないことも、手紙にすればきっと大丈夫。日ごろの感謝の気持ちをメッセージに込めて伝えましょう。そうすれば、きっとあなたにとっても、あなたの大切なお二人にとっても記憶に残る、特別な記念日となるでしょう。

銀婚式をお祝いするメッセージ文例集

銀婚式を祝うために、いざ手紙を書こうとしてもどのような内容にすればいいのか困ってしまいますよね。
そんな時に役立つメッセージ文例集を紹介します。結婚25年の節目を感動的なものにする言葉を立場別でまとめましたのでぜひご覧ください。

夫婦で贈り合うメッセージ文例集

長年連れ添ってきた大切な人にどのような言葉でありがとうの気持ちを伝えればいいのでしょうか?結婚した当初の頃や、さまざまな思い出を振り返ってみてください。そして、恥ずかしがらずに25年分の感謝の気持ちをメッセージに込めましょう。
「ありがとう」や「愛しています」を照れずに書くことが大切です!

●あなたと結婚25周年をお祝いできてうれしい
●いつも本当にありがとう、これからもよろしくね
●あなたと結婚して毎日幸せです
●一緒に齢を重ねることができてうれしいです
●いつも仕事(家事)お疲れさま
●いつも家族みんなの事を気遣ってくれてありがとう
●次の目標は金婚式を元気に迎えることだね
●これからは二人の時間が増えるので楽しみです
●今も昔も変わらず、愛しています
●これからもずっと仲良くしようね
●これからも末永くよろしくお願いします

子どもから両親へのメッセージ文例集

銀婚式を迎える夫婦のお子さんはきっと成人して親元を離れている方も多いですよね。離れて感じる親のありがたみを知ったという経験は誰にでもあるはず。
ずっと愛情をかけて育ててくれた両親へ、きちんと感謝の気持ちを伝えましょう。

●お父さん、お母さん、結婚25周年おめでとう!
●お父さんとお母さんの子どもに生まれてとても幸せです
●私たちはもう立派な大人に成長したから、これからは二人の時間を大切にしてね
●これからもずっと仲良し夫婦でいてね
●二人のような夫婦を目指して頑張ります
●いつかお父さん(お母さん)のような人と結婚して二人のような夫婦になりたい
●私たちのことをいつも温かく見守ってくれてありがとう
●これまで大切に育ててくれてありがとう
●これからは二人の人生を元気で楽しんでね
●お父さん、お母さんは家族みんなの誇りです

上司や恩師など目上の方へのメッセージ文例集

職場の上司や、恩師の銀婚式のお祝いメッセージを送る際は、きちんと丁寧な言葉を使いましょう。基本的なマナーとして、とても大切なことです。
日ごろお世話になっている感謝の言葉を添えるとより感動的なメッセージになるでしょう。

●銀婚式おめでとうございます
●ご結婚25周年心からお祝い申し上げます
●いつも励ましやお気遣いをいただき、ありがとうございます
●いつも仲睦まじいお二人はわたしの憧れです
●いつまでもお二人らしく、幸せな日々を過ごされるよう祈っています
●これからも元気でお二人の時間を楽しんでくださいね
●これからも末永くお幸せに

会いに行けず品物だけを送るときの手紙の書き方

どうしても直接伺うことができない場合は、贈り物にメッセージを添えましょう。お詫びの言葉と一緒に伺えない理由も差し支えない程度に伝えられるとより丁寧です。

●ご結婚25周年おめでとうございます
●この度は銀婚式おめでとうございます
●○○のため、どうしてもお伺いできず、お詫び申し上げます
●ご夫婦の益々のお幸せとご家族の発展をお祈りいたします
●これからもお二人仲良く、末永くお幸せに
●また、お会いできることを楽しみにしています
●まずは取り急ぎ、お祝いまで

金婚式を感動的なものにするメッセージ文例集

金婚式とは?どんなお祝いをするといい?

金婚式とは結婚してから50年の節目を祝う儀式です。結婚記念日を祝う風習はイギリス発祥で、日本では明治27年に明治天皇が銀婚式のお祝いをされたことがきっかけに広まりました。
イギリスでは、金婚式という名の通り、夫婦でゴールドのアクセサリーを交換したり、金の杯に二人の名前を刻んだり、金の刺しゅうを施したプレゼントを贈り合う風習があります。
日本でも、その風習と同じように夫婦でお互いに贈り物をします。
また、家庭を大切にする日本人らしく、家族や親戚、親しい方たちが集まってお祝いの会を開くことが多いようです。夫婦だけで祝うよりも子どもや孫たちに囲まれて楽しく過ごしながらお祝いをする方がきっと忘れられない特別な思い出となるでしょう。
お祝いの会では、ご夫婦の人生の大きな節目をお祝いするプレゼントとメッセージを必ず用意しましょう。定番のプレゼントはお二人のネーム入りのペアマグカップや、夫婦茶碗、夫婦箸など。幸せそうな二人の似顔絵にメッセージを入れたオリジナルギフトも人気です。お酒を嗜まれるようでしたら、結婚された年のヴィンテージワインや、金婚式にちなんだ金箔入りの吟醸酒もよろこばれるでしょう。
プレゼントの内容よりも大切なのはメッセージ。感謝の気持ちがきちんと伝わるように心を込めて書きましょう。

金婚式をお祝いするメッセージ文例集

「大切な人の金婚式をお祝いしたいけど、どのようなメッセージを送ればよろこんでもらえるのか?」
大切な人だからこそ、悩みますよね。
これまで50年もの長い齢月を歩んでこられたご夫婦に感謝と敬意が伝わるメッセージをさまざまな立場別でまとめました。

子どもから両親へのメッセージ文例集

両親へ改まってメッセージを送るのは照れくさいですが、二人のお祝いの日にはぜひ、これまでの感謝の気持ちを伝えましょう。家族の思い出や、あなたが産まれたときのことを振り返ってもらえるような内容にすれば、きっと感動されるはずです。

●お父さん、お母さん、結婚50周年おめでとう!
●お父さんとお母さんの子どもに生まれてとても幸せです
●二人が元気で今日の日を迎えられて、本当にうれしい
●これからも仲良し夫婦でいてください
●二人のような仲良し夫婦になることが目標です
●二人が結婚した日の事を覚えていますか?それは私が産まれる○年前でしたね。
(結婚当初やあなたが産まれた日の事などの思い出に触れる)
●長い間、家族みんなを支えてくれてありがとう
●お父さん、お母さんは家族みんなの誇りです

孫から祖父母へのメッセージ文例集

まずは祖父母との思い出を振り返ってみてください。きっと幼いころから温かく見守られ、離れて暮らしていたとしても伝わる愛情があったはず。祖父母と一緒に過ごした楽しい思い出話を交えながら、ありがとうの気持ちを伝えましょう。

●おじいちゃん、おばあちゃん、金婚式おめでとう!
●いつも可愛がってくれてありがとう
●二人が優しく見守ってくれたおかげで立派に成長しました
●いつか、おじいちゃん、おばあちゃんのようにみんなに愛される夫婦になりたいです
●また遊びに行くので二人の思い出の写真を見せてね
●遊びに行ったときに二人の昔話を聞くのがすごく楽しかったよ
(一緒に過ごした思い出について伝える)
●いつまでも元気で長生きしてね

上司や恩師など目上の方へのメッセージ文例集

職場の上司や、お世話になった恩師にお祝いのメッセージを送る際は、基本的なことですが、きちんと丁寧な言葉を使って尊敬の気持ちを込めて書きましょう。お祝いの言葉と一緒に日ごろの感謝の気持ちも伝えましょう。

●ご結婚50周年おめでとうございます
●いつも幸せそうなお二人は私の憧れです
●いつも優しいお心遣いを頂きましてありがとうございます
(日ごろの感謝の気持ちを伝える)
●これからもお二人の益々のご健康とご多幸をお祈りいたしております
●これからも仲良く、元気に日々に過ごされますよう心よりお祈りいたします
●これからも末永くお幸せに

会いに行けず品物だけを送るときの手紙の書き方

遠方のためなど、どうしても直接伺うことが難しい場合は、お詫びの言葉を必ず入れるようにしましょう。伺えない理由も差し支えなければ、きちんと伝えられると丁寧です。

●この度は金婚式おめでとうございます
●いつもお気遣い頂きましてありがとうございます
●○○のため、どうしてもお伺いできず、お詫び申し上げます
●ご夫妻の幸せとご健康がいつまでも続きますようにお祈り申し上げます
●変わらずお元気で、いつまでも健康でいてください
●また、お会いできることを楽しみにしています
●まずは取り急ぎ、お祝いまで

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

■営業時間
平日AM9:00~PM6:00
土・日・祝日は定休日です。
ネットでの注文・メールでの問い合わせは24時間お受けいたします。

ご注文の流れ・ギャラリー

還暦祝いとは

結婚式のマナー

退職祝い

金婚式・銀婚式

よくある質問

店長日記

はじめまして!店長の戸田です。
このサイトは、当社のデザイナーが直接創作、運営するサイトです。
還暦祝いなどの家族間のプレゼントに子供の絵から作るアート作品、思い出の写真でオリジナル時計など、様々なアートグッズを制作しております。「お客様の声に直に触れ、心のかよったアート創りをめざしております。
ぜひ当サイトをご利用ください。お待ちしてます!!
店長日記はこちら >>

今年も当店が担当しました文部化学省公募の科学技術白書表紙絵デザインコンクールの記念品に、写真時計がえらばれました。

表紙デザインの原画を「そのままプリント」で制作しました。
きっと記念の賞品としてもらった子供達は大喜びしてることでしょう。

P150掲載中 当店が紹介されました!

先日、大阪NHKテレビの美人キャスターが取材に来られました。またFM群馬の番組パーソナリティにも取材され、当店の商品を大きく取り上げていただきました。世界でひとつのオリジナルギフト品(ピカソ子供アート、メッセージ油絵、Tシャツ、エプロン、オリジナル時計etc)をアピールさせていただきました。
4月14日発行「週刊女性セブン」て12ページにわたって組まれた特集記事「今日からできる親孝行」で当店のピカソ子供アートや、子供の絵や名前をアート加工したTシャツ、エプロンなどが紹介されました。

スタッフ紹介

  • WEBショップ店長 デザイナー 戸田 ダイスケ

    お客様との出逢いを大切に一人一人に「満足」していただけるよう努力しております。WEB店長として、お客様のご要望を大切に、そのお祝いの会を想像しながら感謝の気持ちのつまった贈り物を提案していきたいと思っています。何を贈るか、贈り物に迷ったときは是非私にご相談ください。仕事も、家庭(イクメン中)も、手も抜かずにガンバってます。

  • WEB・似顔絵デザイナー さくら.TO

    当ピカソランドの業務全般を把握するスーパーウーマンを目指しています。似顔絵・デザイン・経理・お客様担当等々。3歳の子育て真っ最中。

  • WEB・似顔絵デザイナー Masami.I

    似顔絵制作を主に担当。
    より完成度の高い似顔絵を目指して描いています、お客様に、満足とお喜びを届けられるよう頑張ります。

  • ベテランデザイナー Hiroko.O

    (?)年入社のベテランデザイナー。
    クライアントの無理難題を、そのパワーと経験で超スピード対応。お客様とのパートナーシップを大切に仕事に精進しております。

  • WEB・似顔絵デザイナー Nana.O

    似顔絵を担当。少し若く、すこし美人に、もちろん笑顔に描いています。長所・短所のデフォルメはせずにお客様に喜ばれる似顔絵を目指します。

  • 検品、梱包ギフト包装 T.都

    検品・ギフト包装・発送。キズ・ゴミひとつでも見逃さない厳しい製品チェックを行っています。メールでのお褒めの言葉は大歓迎です(笑)

  • ベテランデザイナー 代表 戸田 博

    70歳に突入。「まだまだ若いモンには負けん」と日々奮闘中。デザイナー歴50年。社長業も、ディレクターも、時計職人も、雑用も、何でもこなしています。

外部スタッフ

  • 名前の詩ライター Akiko 伊串

    出産を機に、出版業界からウェブに転身したライター。お客様のお祝いに参加でき嬉しいです。人生のいっぱい詰まったポエム、目指してます!
    趣味は読書とオペラ。

  • 在宅勤務 似顔絵デザイナー W.kazu

ページトップへ