長寿の色

傘寿・米寿・卒寿祝いの色

お祝いごとに決められた色「傘寿・米寿・卒寿の黄色」

様々な諸説がありますが、80歳のお祝いである傘寿、88歳のお祝いである米寿、そして90歳のお祝いである卒寿はすべて黄色でお祝いします。今回は、傘寿・米寿・卒寿祝いの黄、日本の黄色について。

▶傘寿・米寿・卒寿祝いのプレゼントにおすすめの商品はコチラ◀


三原色の1つ黄色について

黄色は赤色と青色と並んで三原色の1つです。視覚から温かい印象を受けるとして暖色とされています。また、一番明るく賑やかな色で、安全や警告として昼夜でも認識しやすく注意の色と我々は認識していますよね。現在では小学生の帽子やバッグにも多く採用されています。また脳を刺激し、アイデアが欲しいときなどに使うと柔軟性が高まると言われています。
歴史をひも解いていくと、中国最初の皇帝のイメージカラーが黄色とされ、中国第二の大河の名前は黄河と呼ばれています。黄色は太陽の色、天子の色として、権力そのものを表していたようです。このように古来の中国では高貴な色として崇められていました。日本でも改訂される以前の冠位十二階で、「大信」「小信」という階位に黄色が取り入れられていました。また特別な黄丹(おうだん)や黄櫨染(こうろぜん)は、大宝律令で庶民や貴族にも禁色とされており、天皇のみが着用することができました。


傘寿・米寿・卒寿は黄色でお祝い

まずはそれぞれの由来から説明すると、80歳のお祝いである傘寿は傘の略字が八十に見えることが由来とされています。また、88歳のお祝いである米寿は米の字を分解すると八十八に見えることから呼ばれ(八十の人と読む説もあり)、鳩の頭のついた鳩杖(きゅうじょう/はとのつえ)を贈る習わしもあります(鳩は食べ物をむせないことより)。そして90歳のお祝いである卒寿は卒の略字が九十に見えることがいわれとされています。
賀寿というのは長寿を喜び、健康でいてほしいという慣習から生まれたものですので、家族や親類で盛大にお祝いしましょう。プレゼントは黄色のものが良いとされています。本人に喜ばれるものは何か? あらかじめリサーチしておくと非常に喜ばれますよ。80~90歳まで、10年に3つの同じような黄色のお祝い品を渡すのなら、いろんなパターンのプレゼントをネットなどで検索して用意しておくのも良いでしょう。


おまけ

日本古来の黄には、ニュアンスの違った様々な色があります。ご参考までに!


鬱金色(うこんいろ)=
ウコンの根で染めた色で、赤みをおびた濃い黄色です。スリランカでは僧侶の衣の色として知られており、英語ではターメリックと呼ばれています。江戸時代に輸入されて以降、広く愛用されたことでも有名な色です。


黄土色(おうどいろ)=
黄色がかった茶色です。JISの色彩規格はくすんだ赤みの黄と言われています。人類と古来からつながりが深い色とされ、土や大地を連想させる色であることからアースカラー(自然の色)と呼ばれているそうです。


芥子色(からしいろ)=
芥子菜の種のようなやわらかい茶色がかった黄色。JISの色彩規格ではやわらかい黄色とされています。衣類の色としてよく用いられています。近代に生まれた新しい色の名前で、マスタードの訳語という説もあります。


枯草色(かれくさいろ)=
枯れ草のような色で、黄褐色。平安時代に「枯色」という色名で呼ばれていました。別名でカーキ色とも呼ばれており、陸軍などの軍服でもよく採用されており、また、一般の衣類の色として使われることが多い色です。


黄金色(こがねいろ)=
金の放つ輝く黄色。高価の象徴である色。「金閣寺」や豊臣秀吉の「金の茶室」のような高級感のあるイメージが強い色です。山吹色にも近いと言われています。「百寿」などのお祝いとして、黄金色(金色)のちゃんちゃんこや座布団がプレゼントされることもあります。


練色(ねりいろ)=
ごく薄いわずかな黄色がかった色です。生絹を精練することを練ると言われ、そこから名付けられたと言われています。平安時代から使われてきた伝統色として長らく愛され続けています。


山吹色(やまぶきいろ)=
JISの色彩規格としてあざやかな赤みの黄色。春の季語としてバラ科のヤマブキの花ののような色です。平安時代から使われてきた言葉で、古くから黄色を表す言葉として使われています。また大判、小判などの表現として採用されることが多いそうです。


檸檬色(れもんいろ)=
やや薄めの黄色で、レモンの実の色から名付けられています。19世紀後半から大量生産された緑を含む黄色をレモンイエローと呼ぶようになり、檸檬と漢字が当てられました。類似色としてクリーム色やライムグリーンがあります。


お急ぎの方ご相談ください! 制作事例

商品から探す

似顔絵時計 似顔絵名前の詩 似顔絵祝い酒 似顔絵名入れワイン メッセージ時計 ピカソ子供アート

シーンから探す

還暦祝い 結婚式 定年退職祝い 古希・喜寿祝い 金婚式・銀婚式

ご注文の流れ・ギャラリー

還暦祝いとは

結婚式のマナー

退職祝い

金婚式・銀婚式

よくある質問

店長日記

はじめまして!店長の戸田です。
このサイトは、当社のデザイナーが直接創作、運営するサイトです。
還暦祝いなどの家族間のプレゼントに子供の絵から作るアート作品、思い出の写真でオリジナル時計など、様々なアートグッズを制作しております。「お客様の声に直に触れ、心のかよったアート創りをめざしております。
ぜひ当サイトをご利用ください。お待ちしてます!!
店長日記はこちら >>

今年も当店が担当しました文部化学省公募の科学技術白書表紙絵デザインコンクールの記念品に、写真時計がえらばれました。

コンクールの記念品

表紙デザインの原画を「そのままプリント」で制作しました。
きっと記念の賞品としてもらった子供達は大喜びしてることでしょう。

P150掲載中 当店が紹介されました!

先日、大阪NHKテレビの美人キャスターが取材に来られました。またFM群馬の番組パーソナリティにも取材され、当店の商品を大きく取り上げていただきました。世界でひとつのオリジナルギフト品(ピカソ子供アート、メッセージ油絵、Tシャツ、エプロン、オリジナル時計etc)をアピールさせていただきました。
4月14日発行「週刊女性セブン」て12ページにわたって組まれた特集記事「今日からできる親孝行」で当店のピカソ子供アートや、子供の絵や名前をアート加工したTシャツ、エプロンなどが紹介されました。

スタッフ紹介

  • WEBショップ店長 デザイナー 戸田 大介

    お客様との出逢いを大切に一人一人に「満足」していただけるよう努力しております。WEB店長として、お客様のご要望を大切に、そのお祝いの会を想像しながら感謝の気持ちのつまった贈り物を提案していきたいと思っています。何を贈るか、贈り物に迷ったときは是非私にご相談ください。仕事も、家庭(イクメン中)も、手も抜かずにガンバってます。

  • WEB・似顔絵デザイナー さくら.TO

    当ピカソランドの業務全般を把握するスーパーウーマンを目指しています。似顔絵・デザイン・経理・お客様担当等々。6歳の子育て真っ最中。

  • WEB・似顔絵デザイナー Masami.I

    似顔絵制作を主に担当。
    より完成度の高い似顔絵を目指して描いています、お客様に、満足とお喜びを届けられるよう頑張ります。

  • ベテランデザイナー Hiroko.O

    (?)年入社のベテランデザイナー。
    クライアントの無理難題を、そのパワーと経験で超スピード対応。お客様とのパートナーシップを大切に仕事に精進しております。

  • WEB・似顔絵デザイナー Nana.O

    似顔絵を担当。少し若く、すこし美人に、もちろん笑顔に描いています。長所・短所のデフォルメはせずにお客様に喜ばれる似顔絵を目指します。

  • 似顔絵 YUKO.I

    似顔絵を担当。そっくりに、美人に、かっこよくお客様がいつも見ておられる「あの方のあの笑顔」に少しでも近づけられるよう頑張ります。

  • ベテランデザイナー 代表 戸田 博

    70歳台に突入。デザイナー歴50年以上。第一線からは少し距離を置きながらもWEB広告、SEOなどマーケティングを中心に奮闘中。

外部スタッフ

  • 名前の詩ライター Akiko 伊串

    出産を機に、出版業界からウェブに転身したライター。お客様のお祝いに参加でき嬉しいです。人生のいっぱい詰まったポエム、目指してます!
    趣味は読書とオペラ。

  • 在宅勤務 似顔絵デザイナー W.kazu

     

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

■営業時間
平日AM9:00~PM6:00
土・日・祝日は定休日です。
ネットでの注文・メールでの問い合わせは24時間お受けいたします。

ページトップへ