長寿の色

古希祝いの色

お祝いごとに決められた色「古希・喜寿の紫」

70歳と77歳の長寿お祝いといえば古希と喜寿。紫色でお祝いをします。紫はどちらかといえばお年寄りの色のイメージがありますが本当はもっと奥深いんです。今回は、古希と喜寿祝いの紫、日本の紫について。

▶古希祝いのプレゼントにおすすめの商品はコチラ◀


古来より高貴な色とされた紫

紫というのは、日本人にとって昔から特別な色として選ばれてきました。古くは飛鳥時代・聖徳太子が活躍していた時代に遡ります。日本で604年に制定された冠位十二階では官位によって色が定められました。その最上位・一番位の高い大徳が濃い紫その次の位である小徳が薄い紫だったのです。いかにこの時代に紫が高貴な色だったのかが、うかがえます。どうやら、紫は紫草の根を染料としており大変手間がかかったため高貴な位の人物しか着用を許されなかったようです。
平安時代に入ると、十二単や源氏物語の著者である紫式部という名にも紫がありますし、さらに作中にも紫が登場しています。また、同じく平安時代に活躍した清少納言によって執筆された有名な随筆・枕草子では冒頭の第一段「春はあけぼの。やうやう白くなり行く、山ぎは少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。」こちらにも紫色が登場していますね。このように当時から世の人々の憧れの色として紫色は存在していました。紫色=お年寄りの印象というのは、こういった歴史ある気品や優美なイメージによって作り出されたのかもしれません。


古希と喜寿は同じ紫色で祝おう

70歳のお祝いである古希は、唐の詩人であった杜甫の曲江の詩である「人生七十古来稀」が由来とされています。現代では珍しくありませんが、その時代では70歳までに生きることは稀だとされていました。これより長寿のお祝いは数え年で祝われ、 77歳のお祝いである喜寿の由来は「喜」の字を草書体で書くと七十七と読めることが始まりだそうです。これから平均寿命が伸びていくであろう時代の中で、この古希や喜寿がさらにスタンダードなお祝い事になっていくことは間違いありません。
還暦の赤いちゃんちゃんこなどと同様に紫のちゃんちゃんこや紫の座布団などプレゼントするのが主流ではありますが、お年寄りにも馴染みのある色でもあるので、ワンポイントに紫があしらわれている衣類なども喜ばれるかもしれません。またこういったお祝い事は大人数でワイワイするのもいいですが、誕生日会のようなこじんまりとしたものでも喜ばれますので本人と相談するのもよいでしょう。


おまけ

日本古来の紫色には、ニュアンスの違った様々な色があります。ご参考までに!


菖蒲色(あやめいろ)=
すこし赤みが差した薄い紫色。JISの色彩規格では明るい赤みの紫とされています。菖蒲の紫の花の色から古くから用いられた色名です。近年ではしょうぶと読むのが一般的。(しゅうぶの花は実際には別の種類の色になります。)


江戸紫(えどむらさき)=
青みがかった紫の色。始まりは江戸時代の娯楽として、すでに親しまれていた歌舞伎。その歌舞伎役者の「助六」が、青みが入ってる紫を舞台で使用したことから、その名を江戸紫として愛されるようになったという説があります。


滅紫(けしむらさき)=
暗い灰色がかった紫の一種で、別名「めっし」と呼ばれています。平安時代の三大格式である「延喜式」にも登場し、朝廷の太政官の1つである参議以上の位の人が着用する外出着の色であるので、古来より高貴な色として崇められていたことが伺えます。


紫苑色(しおんいろ)=
淡い紫の色。キク科の紫苑(十五夜草)の花の色。上記でも説明したように、紫を高貴としていた平安時代に誕生したとされている色で、当時は「しおに」と呼ばれていました。着物などでも採用されており長年愛され続けています。


菫色(すみれいろ)=
少し青みがかった紫色。スミレの花びらの色。英語名はバイオレット。JISの色彩規格はあざやかな青紫とされています。特に菫としては「万葉集」などでも詠まれており、カラーセラピー界では理想を大切にしたいという意味があります。


茄子紺(なすこん)=
夏野菜の茄子の熟れた実のような赤みがかった色。JIS色彩規格ではごく暗い紫とされています。江戸時代になって使われるようになった日本古来の伝統色名で、近年ではよく衣類や陶器など日常品に採用されています。


藤色(ふじいろ)=
藤の花のような青みがかった淡い紫の色。平安時代から「源氏物語」や「古今和歌集」などに詠まれるなど、特に日本女性の着物として、古くから愛され続けています。派生した色名には藤紫や藤鼠などがあります。


若紫(わかむらさき)=
薄い紫色。「伊勢物語」や「源氏物語」ではよく若紫が用いられています。8世紀では、朝廷への出仕に着用する朝服の二位、三位の色とされており、(本来の若紫は少し濃い色となります)江戸時代からは色名として使われています。


カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務のみ

■営業時間
平日AM9:00~PM6:00
土・日・祝日は定休日です。
ネットでの注文・メールでの問い合わせは24時間お受けいたします。

お急ぎの方ご相談ください! 制作事例

商品から探す

似顔絵時計 似顔絵名前の詩 似顔絵祝い酒 似顔絵名入れワイン メッセージ時計 ピカソ子供アート

シーンから探す

還暦祝い 結婚式 定年退職祝い 古希・喜寿祝い 金婚式・銀婚式

ご注文の流れ・ギャラリー

還暦祝いとは

結婚式のマナー

退職祝い

金婚式・銀婚式

よくある質問

店長日記

はじめまして!店長の戸田です。
このサイトは、当社のデザイナーが直接創作、運営するサイトです。
還暦祝いなどの家族間のプレゼントに子供の絵から作るアート作品、思い出の写真でオリジナル時計など、様々なアートグッズを制作しております。「お客様の声に直に触れ、心のかよったアート創りをめざしております。
ぜひ当サイトをご利用ください。お待ちしてます!!
店長日記はこちら >>

今年も当店が担当しました文部化学省公募の科学技術白書表紙絵デザインコンクールの記念品に、写真時計がえらばれました。

コンクールの記念品

表紙デザインの原画を「そのままプリント」で制作しました。
きっと記念の賞品としてもらった子供達は大喜びしてることでしょう。

P150掲載中 当店が紹介されました!

先日、大阪NHKテレビの美人キャスターが取材に来られました。またFM群馬の番組パーソナリティにも取材され、当店の商品を大きく取り上げていただきました。世界でひとつのオリジナルギフト品(ピカソ子供アート、メッセージ油絵、Tシャツ、エプロン、オリジナル時計etc)をアピールさせていただきました。
4月14日発行「週刊女性セブン」て12ページにわたって組まれた特集記事「今日からできる親孝行」で当店のピカソ子供アートや、子供の絵や名前をアート加工したTシャツ、エプロンなどが紹介されました。

スタッフ紹介

  • WEBショップ店長 デザイナー 戸田 大介

    お客様との出逢いを大切に一人一人に「満足」していただけるよう努力しております。WEB店長として、お客様のご要望を大切に、そのお祝いの会を想像しながら感謝の気持ちのつまった贈り物を提案していきたいと思っています。何を贈るか、贈り物に迷ったときは是非私にご相談ください。仕事も、家庭(イクメン中)も、手も抜かずにガンバってます。

  • WEB・似顔絵デザイナー さくら.TO

    当ピカソランドの業務全般を把握するスーパーウーマンを目指しています。似顔絵・デザイン・経理・お客様担当等々。6歳の子育て真っ最中。

  • ベテランデザイナー Hiroko.O

    (?)年入社のベテランデザイナー。
    クライアントの無理難題を、そのパワーと経験で超スピード対応。お客様とのパートナーシップを大切に仕事に精進しております。

  • WEB・似顔絵デザイナー Nana.O

    似顔絵を担当。少し若く、すこし美人に、もちろん笑顔に描いています。長所・短所のデフォルメはせずにお客様に喜ばれる似顔絵を目指します。

  • 似顔絵 YUKO.I

    似顔絵を担当。そっくりに、美人に、かっこよくお客様がいつも見ておられる「あの方のあの笑顔」に少しでも近づけられるよう頑張ります。

  • ベテランデザイナー 代表 戸田 博

    70歳台に突入。デザイナー歴50年以上。第一線からは少し距離を置きながらもWEB広告、SEOなどマーケティングを中心に奮闘中。

外部スタッフ

  • 名前の詩ライター Akiko 伊串

    出産を機に、出版業界からウェブに転身したライター。お客様のお祝いに参加でき嬉しいです。人生のいっぱい詰まったポエム、目指してます!
    趣味は読書とオペラ。

  • 在宅勤務 似顔絵デザイナー W.kazu

     

ページトップへ