長寿の色

緑寿祝いの色

お祝いごとに決められた色「緑寿の緑」

65歳の長寿を祝うのが緑寿。ろくじゅと読みます。緑寿の色は、文字通り緑色です。歴史は浅いですが、還暦を赤で、古希を紫で祝うなら、やっぱり緑寿は緑色を使ってお祝いしたいですね。今回は、緑寿祝いの緑、日本の緑について。

▶緑寿祝いのプレゼントにおすすめの商品はコチラ◀


そもそも、緑寿って何?

聞き慣れない方もあるかもしれませんが、65歳(数え年では66歳)の長寿を祝うのが緑寿です。もともと、60歳と70歳の間には喜寿(77歳)が、70歳と80歳の間には米寿(88歳)が、90歳と100歳の間には白寿(99歳)がありますから、60歳から70歳の間にも何かあってもいいかもしれませんね。そんな思いで生まれたのが緑寿です。歴史は非常に浅く、2002年に日本百貨店協会が提唱したのが始まりです。
昔は定年退職が60歳だったことも重なって、還暦は人生の節目という意味が大きかったですが、現在ではまだまだ元気な方がほとんど。60歳で「長寿」という実感は湧きにくいですよね。定年は65歳まで引き上げられる傾向ですし、年金受給開始も、医療における高齢者の年齢区分も、65歳からと法律で決められています。現代の世情に照らして考えると、65歳の方が変化と節目の年と言えるかもしれません。


緑色は、癒しのある命の色

自然に存在する緑の色は、安らぎと癒しを感じさせる色です。静的だけれども命を感じさせる成長の色です。数え年の66歳を「ろくろく」と読むことから、66歳の賀寿に緑があてられたわけですが、緑が選ばれたのには時代背景もあります。2000年初頭は、環境への配慮、リサイクル&リユース、エコロジーが叫ばれた時代。イメージアップにも繋がることから各企業がこぞって取り組んできた頃でした。
もちろん最近できたお祝いごとなので、世間での認知度は低いです…。言ったってまだ10年少々。でも、慣習の起源はそんなものかもしれませんね。例えば、土用の丑の日にうなぎを食べるという慣習は、平賀源内がうなぎ屋に頼まれて作ったキャッチコピーが元になっていますが、当時誰がこの平成の時代までこの習わしが続くと思ったでしょう? 今更それを商業主義的だとかあざといといって忌諱する人はいません。お祝いしたい心や楽しむことが大事だと思います。貰う方だって幸せな気持ちになるのだから今後さらに浸透していくことでしょう。プレゼントするなら、例えば緑の衣類や帽子など普段から着られるものや記念になるものを贈ると喜ばれるかもしれませんね。


おまけ

日本古来の緑色には、ニュアンスの違った様々な色があります。ご参考までに!


青丹(あおに)=
緑みのある土色。ここでの青は緑のことで、丹は緑色がかった土の色を意味しています。「万葉集」でも奈良にかかる枕詞としても青丹が使用されています。さらに、古くから染色や織物の色名として用いられています。


鶯色(うぐいすいろ)=
灰色がかった緑褐色。抹茶色にも近い。ウグイスの背の色に似た色とされており、江戸時代から染色としてよく使用されていたそうです。心理的にはストレスを和らげる効果があるとされ、柔らかいイメージを連想する方も多いでしょう。


青磁色(せいじいろ)=
ごく淡い青緑色。あまり聞き慣れない、青磁というのは、うわぐすりをかけた磁器のことで中国から平安時代に伝わったもの。元来、中国では秘色と呼ばれており唐では庶民の使用が禁止となっていたという磁器だったそうです。


白緑色(びゃくろくいろ)=
別名アイスグリーン。氷山ような透明感のある緑色で、中国から伝わったとされています。JISの色彩規格ではごくうすい緑。奈良時代には仏像の色によく用いられていました。便器や下着にも採用されています。


緑色(ふかみどりいろ)=
読んで字のごとく濃い緑色。心理的には無意識を意味するらしく、ナチュラルや誠実というイメージがあるそうです。たくさんの樹木などの暗い緑色に例えられることが多いです。浅緑の対義語。


抹茶色(まっちゃいろ)=
JISの色彩規格ではやわらかい黄緑とされています。茶道に飲用として使われている抹茶のような色で、近年では抹茶を含んだ洋菓子やアイスなどに使われているのでよく見かけることでしょう。JRの電車に採用されることも多い。


柳色(やなぎいろ)=
黄緑色に白みがかった色のこと。平安時代からある色名で「源氏物語」や「万葉集」など多く登場する色。江戸時代には柳色をモチーフに様々なバリエーションの染物として使われることとなった。春の訪れを予感させる色とされています。


若葉色(わかばいろ)=
明るい黄緑色。深緑の前の色。季語としては夏です。生えて間もない草木の若葉のような色で、イメージとしては目標の達成や判断力を高めると言われています。松尾芭蕉が読んだ句にもこの若葉色が登場しています。


カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務のみ

■営業時間
平日AM9:00~PM6:00
土・日・祝日は定休日です。
ネットでの注文・メールでの問い合わせは24時間お受けいたします。

お急ぎの方ご相談ください! 制作事例

商品から探す

似顔絵時計 似顔絵名前の詩 似顔絵祝い酒 似顔絵名入れワイン メッセージ時計 ピカソ子供アート

シーンから探す

還暦祝い 結婚式 定年退職祝い 古希・喜寿祝い 金婚式・銀婚式

ご注文の流れ・ギャラリー

還暦祝いとは

結婚式のマナー

退職祝い

金婚式・銀婚式

よくある質問

店長日記

はじめまして!店長の戸田です。
このサイトは、当社のデザイナーが直接創作、運営するサイトです。
還暦祝いなどの家族間のプレゼントに子供の絵から作るアート作品、思い出の写真でオリジナル時計など、様々なアートグッズを制作しております。「お客様の声に直に触れ、心のかよったアート創りをめざしております。
ぜひ当サイトをご利用ください。お待ちしてます!!
店長日記はこちら >>

今年も当店が担当しました文部化学省公募の科学技術白書表紙絵デザインコンクールの記念品に、写真時計がえらばれました。

コンクールの記念品

表紙デザインの原画を「そのままプリント」で制作しました。
きっと記念の賞品としてもらった子供達は大喜びしてることでしょう。

P150掲載中 当店が紹介されました!

先日、大阪NHKテレビの美人キャスターが取材に来られました。またFM群馬の番組パーソナリティにも取材され、当店の商品を大きく取り上げていただきました。世界でひとつのオリジナルギフト品(ピカソ子供アート、メッセージ油絵、Tシャツ、エプロン、オリジナル時計etc)をアピールさせていただきました。
4月14日発行「週刊女性セブン」て12ページにわたって組まれた特集記事「今日からできる親孝行」で当店のピカソ子供アートや、子供の絵や名前をアート加工したTシャツ、エプロンなどが紹介されました。

スタッフ紹介

  • WEBショップ店長 デザイナー 戸田 大介

    お客様との出逢いを大切に一人一人に「満足」していただけるよう努力しております。WEB店長として、お客様のご要望を大切に、そのお祝いの会を想像しながら感謝の気持ちのつまった贈り物を提案していきたいと思っています。何を贈るか、贈り物に迷ったときは是非私にご相談ください。仕事も、家庭(イクメン中)も、手も抜かずにガンバってます。

  • WEB・似顔絵デザイナー さくら.TO

    当ピカソランドの業務全般を把握するスーパーウーマンを目指しています。似顔絵・デザイン・経理・お客様担当等々。6歳の子育て真っ最中。

  • ベテランデザイナー Hiroko.O

    (?)年入社のベテランデザイナー。
    クライアントの無理難題を、そのパワーと経験で超スピード対応。お客様とのパートナーシップを大切に仕事に精進しております。

  • WEB・似顔絵デザイナー Nana.O

    似顔絵を担当。少し若く、すこし美人に、もちろん笑顔に描いています。長所・短所のデフォルメはせずにお客様に喜ばれる似顔絵を目指します。

  • 似顔絵 YUKO.I

    似顔絵を担当。そっくりに、美人に、かっこよくお客様がいつも見ておられる「あの方のあの笑顔」に少しでも近づけられるよう頑張ります。

  • ベテランデザイナー 代表 戸田 博

    70歳台に突入。デザイナー歴50年以上。第一線からは少し距離を置きながらもWEB広告、SEOなどマーケティングを中心に奮闘中。

外部スタッフ

  • 名前の詩ライター Akiko 伊串

    出産を機に、出版業界からウェブに転身したライター。お客様のお祝いに参加でき嬉しいです。人生のいっぱい詰まったポエム、目指してます!
    趣味は読書とオペラ。

  • 在宅勤務 似顔絵デザイナー W.kazu

     

ページトップへ