還暦祝いは父も母も喜ぶ似顔絵時計のピカソランド

各種カード取扱クレジットカード決済システム 送料全国一律 800円 info@picassoland.com TEL.075-781-7091 FAX.075-721-3040 平日9時〜18時FAX・メールは24時間OK! 有限会社デザインヒロ ピカソランド担当まで

ピカソランドの似顔絵商品は還暦祝いや結婚式に両親へ贈るプレゼントにオススメ!

 

結婚式のマナー

結婚式、披露宴の招待の受け方

結婚式の招待状が届いたら

結婚式の招待をいただくほどの間柄ですと、ご結婚されることは事前に知らされているのではないでしょうか。招待状でご結婚を知る、ということの方が稀ですね。ですから、招待状が届いたら、速やかに返信しましょう。返信期限が示されていることが多いですが、「期限内ならギリギリまでOK」ではありません。「すぐに」ご返信しましょう。料理や引き出物の準備がありますから、新郎新婦は早めに参列者の数を決めたいもの。また、期日までに返事が来ないと気をもんでしまいますし、請求されてから返事をするようでは相手をないがしろにしていると思われても仕方ありません。


結婚式の返信はがきの書き方

正式な招待状への返信は、格式高く行います。筆記具は筆か万年筆。ボールペンは次点で合格です。インクの色は黒かブルーブラック。間違ってもカラフルな水性ペンや薄墨のようなグレーで返信してはいけません。あらかじめ「御出席・御欠席」などと印刷されている返信はがきが同封されていることがほとんどなので、どちらかに丸を付けます。その際、「御」の字を二本線で消し、「出席・欠席」の後に「させていただきます」などと付け加えるのが一般的です。御住所、御芳名などの「御」の字も二重線で消します。メッセージを添える場合は、句読点を打たずに文章を書きます。句読点は「終わり、区切り」を意味しますから、お祝い事に終止符を打たないようにとの意味があります。


欠席する場合の、返信はがきの書き方

欠席の場合は、一言メッセージを添えると良いでしょう。この際、身内の不幸や病気が理由の場合はお祝い事に水をさすため書きません。また、多忙を理由にするのは失礼にあたるため、「所用のため、やむをえない事情があり」など言葉を濁して書きます。欠席の場合は、数日おいてから返信します。一番に届いた返信はがきが欠席では新郎新婦もがっかりしますし、あまり早く届くと「最初から出席する気がない、検討すらしていない」という印象を与えてしまいます。


招待を受けた人は誰か

招待状の宛名に「○○様 御令室様」とある場合は夫婦揃って、「ご家族様」とあれば家族全員の招待という意味です。ただし、ご家族あとある場合でも子どもが小さいうちは慎重に。基本的に、結婚式や披露宴の場に親族以外の小さな子どもを参加させるのはマナー違反です。静粛な場ですから、泣いたり騒いだりしてしまう年齢の場合は遠慮します。「泣いたら退席すれば良い、まだ食事が必要ない年齢だから大丈夫」などと考えてはいけません。中座すること自体が失礼ですし、赤ちゃんがいるだけで周りは気を使います。預けることができないなら、ご夫婦どちらか一人が出席し、「子どもが小さいので一人で参加したい」などと伝えましょう。もし先方が、どうしても皆さんでとおっしゃる場合には子どもを同伴させても良いですが、泣いた際にすぐ退席できるよう出入り口近くの席にしていただくなど、あらかじめご相談されると良いでしょう。招待されていないのに子どもを同伴させるのは論外です。


返信はがきに添えるメッセージの例

「ご招待いただきありがとうございます あいにく出張に出ており式に間に合いそうにありません 披露宴にはぜひ参加させていただきます」「ご結婚おめでとうございます 当日の○○さんの花嫁姿を楽しみにしております よき日とならんことを願っております」「この度はおめでとうございます とても残念ですが所用のため出席できません お二人の門出を心よりお祈りいたしております」

結婚式に招待されたなら、必ず見たいシーンがありますよね。そう、ご両親に感謝のお手紙を読んでプレゼントを渡すシーンです。当店では【結婚式でのご両親へのプレゼント】を豊富に取り揃えておりますので、ご友人の方にもご紹介いただけましたら幸いです^^
また、ご結婚がまだでしたら、是非その際はご利用ください。


結婚式にふさわしい装い/和装

和装には格の序列があります

新郎新婦の両親でも、最近は和装を着ない方が増えていますが、結婚式に和装で行かれるのはとても素敵です。黒留袖はやはり場が引き締まりますし、女性の振り袖姿は華やかさを添えてくれるため喜ばれます。ストンと着るだけのワンピースと違って準備が大変ですから、それだけ相手への心づくしも感じさせますね。
日頃から着物を着慣れている方にとっては当たり前のことかもしれませんが、和装で気をつけるべき点は、着物は格の序列がはっきりしているということです。最も簡単な見分け方は、紋の数。第一礼装は五つ紋。準礼装は三つ紋、略礼装は一つ紋です。そして、柄の付け方。絵羽模様は格の高い着物に用いられるもので、黒留袖、色留袖、訪問着に使われます。反物の状態でなく仮縫いの状態で絵付けをしたもので、柄が途切れず続いているものです。男性の着物の場合は女性ほど種類がないので、礼装とそうでないもの、として考えます。男性の礼装は、黒紋付羽織袴、色紋付で、紋がないものは略装となります。女性の場合は種類が豊富で、紋がなくとも以下のものは結婚式にふさわしい着物になります。

・第一礼装
黒留袖
本振袖(大振袖)

・準礼装
色留袖
訪問着
振袖(中振袖、小振袖)
色無地

▶結婚式 両親プレゼントに「ありがとう」の気持ちが伝わる贈り物はコチラ◀


それぞれの、着るのがふさわしい人

この次に、外出着である付け下げ、付け下げ小紋、小紋、紬の訪問着、無地の紬、絞り、更紗などがあり、付け下げに関しては上品なもの、紋があるものであれば着ても良いとされています。紬、かすり、ウールの着物、銘仙、木綿の着物は普段着なのでやめましょう。
着物には、未婚者しか着られないもの、既婚者しか着られないものがあります。黒留袖は既婚者のみ。振袖は未婚者のみです。ただし、振袖については「若い女性のもの」と見る人も多いので、年齢によっては奇異な目で見られかねません(本来は未婚ならばマナー違反ではありませんが)。同格の着物を着たいのであれば、色留袖でにされると良いでしょう。色留袖、訪問着、色無地はどちらが着てもかまいません。
また、黒留袖については親族側が着るのが一般的で、ゲストが着ているのは違和感があります(既婚者全員が黒留袖であるような、格の高い結婚式もあるかもしれませんが…)。


結婚式の和装のNG

白っぽいものは避ける(和装の場合、白い振袖でも本来はマナー違反になりませんが、ご存じない方もいるため。あえて白は選ばない方が無難です)
お色直しで新婦が振袖を着る場合は、事前に確認して同じような色柄を避ける。
季節に合わない柄。
下ろしたままの普段の髪。必ずアップにする。
下品なもの、目立ちすぎる大柄なもの。
毛皮のストールはクロークに預け、式や披露宴では身につけない。
大きなピアスやイヤリングは避ける。ネックレスは付けない。
留袖に帯留めは付けない。
食事の際はハンカチを挟んで汚れを防ぐ。
所作に気をつける。和装ならではの裾のさばき方、手足の運び方が伴わないと美しく見えません。


結婚式にふさわしい装い/洋装

式には正装、または準正装で臨みます

結婚式は格式の高い儀式ですから、参列者は正装で望むのが正しいマナーです。最近は自由な風潮になってきていると言われますが、マナーは自分のためでなく相手のためにあるものです。もしあなたの服装を不快だと思う親族が一人でもいれば、「その程度の常識しか持たない人」「相手を格下に見ている証拠」と思われかねません。同時に新郎新婦は「そんな人を友人にしている人」です。一気に株が下がってしまうでしょう。これからの結婚生活に影響が出るかもしれません。
式には教会式、神前式、仏前式、人前式など様々ありますが、基本的にはすべて正装か準正装で臨みます。それでは、正装とはどういうものかを見ていきましょう。ここでは洋装について説明します。

▶結婚式 両親プレゼントに後々まで楽しめる贈り物はコチラ◀


式に参加する場合の服装(男性)

男性ならスーツでですが、種類は様々です。格の高い順に並べると、モーニング(午後16時くらいまで)、タキシード(夜)が正礼装。ディレクターズスーツ、ブラックスーツ、ファンシータキシード、ファンシースーツが準正装の範囲です。次に、ダークスーツやブレザーとなりますが、こちらは略礼装となります。ではすべての参列者が正礼装であるべきかというと、そんなことはありません。格式の高い結婚式の場合、全員が正礼装であるという場合もあるでしょうが、ほとんどの場合はモーニングやタキシードを着るのは新郎新婦のお父様のみで、他の参列者はブラックスーツやグレーのスーツが多いようです。その際に気をつけることは、主役よりも目立たないこと、柄もの(はっきりしたストライプなども含む)を避けること。ネクタイは白や銀色が主流ですが、上品でカジュアルすぎないものなら色のついたものを着ける方も増えています。ビジネススーツなどは小物を工夫しても普段着の扱いですのでNG、黒いネクタイは喪服用ですのでNGです。


式に参加する場合の服装(女性)

特に若い女性ですと、華やかな装いは喜ばれますが、まずは上品さ大切に。女性の最も格の高い正装は、アフヌーンドレス(昼)、イブニングドレス(夜)で、共にワンピース型で、スカート丈がくるぶし以上と長いものです。アフタヌーンドレスは袖付きで胸元も詰まったものを指しますが、イブニングドレスは露出がぐっと高くなり、胸元や肩は大きく開き、アクセサリーで華やかに装います。
ただし、ロングドレスは着る人を選びますし、日本では馴染みがないため、実際には膝下丈のフォーマルドレス、フォーマルスーツと呼ばれるものを着る方が多いです。お辞儀の文化がありますから、夜だとしても胸元が開いている服も敬遠されます。
女性の場合は単色無地のワンピースであることが最も無難とされていますが、何を持ってしてフォーマルと呼ぶかは非常に曖昧ですので、TPOに合わせること、品を保っているかどうかはご自身の感覚も大切です。「昼間の式では光り物を付けない」などとマナー本にありますが、ではアクセサリーは真珠しかダメなのか、ドレスに小さく就いているラインストーンもダメなのか?と言えば、もちろんそんなことはありません。何事も程度ものです。
注意するのは、お店の人の意見を鵜呑みにしないこと。百貨店のフォーマルコーナーには入学式用のセミフォーマルやミニ丈のパーティードレスも同時に溢れており、店員さんはどれを指しても「結婚式に着ていっても大丈夫です」と言いますが、それは間違いです。
男性のスーツのようにこれといったスタイルが決まっていないため難しく感じるかもしれませんが、そのかわりにNGポイントは沢山あります。次の項目でNGポイントを列挙するので、参考になさって下さいね。


NGな装い

白いドレス。写真で白に見えてしまうようなら明るいクリーム色なども避ける
膝が出ないスカート丈。座った時にも出ないのが理想
披露宴では肩が出ても良いが、式ではNG。羽織ものを用意する
プリント生地。ジャガードやレースなど素材による地紋などはOK
バイカラーのドレス。カジュアルな印象を与え、色が「別れる」ため
派手、下品、足や胸元の露出の高過ぎるもの
チャイナドレス、アオザイなど外国の民族衣装
真っ黒。喪の装いのため
毛皮、皮革。殺生を感じさせるため
ドレス全体に入るラメ、スパンコールなどの光り物は昼の式では避ける
フラットシューズ、、ブーツ、サンダル、ミュール、つま先の出る靴
素足、黒いストッキング、タイツ、網タイツ、カラータイツ
大き過ぎるバッグ、紙袋のサブバッグ

時代と共に常識も変化しますが、現在のところ、概ね以上のようなNGポイントを守ると無難です。チャイナドレスなどは意見が分かれるところかもしれませんが、ともすると夜のお店や仮装のようになってしまいます。足の出るスリット、体にフィットするボディコンスタイルは論外ですし、仮に正統な着こなしができていたとしても、その正統性が他のゲストにはわかりませんよね。他の方に伝わらない常識というのは、常識とは言いません。ちなみに、中国国内でもチャイナドレスを正装と認めない人は多いのです(原点は満州族男性の上着。漢民族の服、女性の服ですらないため)。そもそも日本人が日本の式で外国の民族衣装を着る必然性がないので、礼節を重んじる場にはふさわしくないでしょう。


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

■営業時間
平日AM9:00~PM6:00
土・日・祝日は定休日です。
ネットでの注文・メールでの問い合わせは24時間お受けいたします。

店長日記

はじめまして!店長の戸田です。
このサイトは、当社のデザイナーが直接創作、運営するサイトです。
還暦祝いなどの家族間のプレゼントに子供の絵から作るアート作品、思い出の写真でオリジナル時計など、様々なアートグッズを制作しております。「お客様の声に直に触れ、心のかよったアート創りをめざしております。
ぜひ当サイトをご利用ください。お待ちしてます!!
店長日記はこちら >>

今年も当店が担当しました文部化学省公募の科学技術白書表紙絵デザインコンクールの記念品に、写真時計がえらばれました。

表紙デザインの原画を「そのままプリント」で制作しました。
きっと記念の賞品としてもらった子供達は大喜びしてることでしょう。

P150掲載中 当店が紹介されました!

先日、大阪NHKテレビの美人キャスターが取材に来られました。またFM群馬の番組パーソナリティにも取材され、当店の商品を大きく取り上げていただきました。世界でひとつのオリジナルギフト品(ピカソ子供アート、メッセージ油絵、Tシャツ、エプロン、オリジナル時計etc)をアピールさせていただきました。
4月14日発行「週刊女性セブン」て12ページにわたって組まれた特集記事「今日からできる親孝行」で当店のピカソ子供アートや、子供の絵や名前をアート加工したTシャツ、エプロンなどが紹介されました。

スタッフ紹介

  • WEBショップ店長 デザイナー 戸田 ダイスケ

    お客様との出逢いを大切に一人一人に「満足」していただけるよう努力しております。WEB店長として、お客様のご要望を大切に、そのお祝いの会を想像しながら感謝の気持ちのつまった贈り物を提案していきたいと思っています。何を贈るか、贈り物に迷ったときは是非私にご相談ください。仕事も、家庭(イクメン中)も、手も抜かずにガンバってます。

  • WEB・似顔絵デザイナー さくら.TO

    当ピカソランドの業務全般を把握するスーパーウーマンを目指しています。似顔絵・デザイン・経理・お客様担当等々。3歳の子育て真っ最中。

  • WEB・似顔絵デザイナー Masami.I

    似顔絵制作を主に担当。
    より完成度の高い似顔絵を目指して描いています、お客様に、満足とお喜びを届けられるよう頑張ります。

  • ベテランデザイナー Hiroko.O

    (?)年入社のベテランデザイナー。
    クライアントの無理難題を、そのパワーと経験で超スピード対応。お客様とのパートナーシップを大切に仕事に精進しております。

  • WEB・似顔絵デザイナー Nana.O

    似顔絵を担当。少し若く、すこし美人に、もちろん笑顔に描いています。長所・短所のデフォルメはせずにお客様に喜ばれる似顔絵を目指します。

  • 検品、梱包ギフト包装 T.都

    検品・ギフト包装・発送。キズ・ゴミひとつでも見逃さない厳しい製品チェックを行っています。メールでのお褒めの言葉は大歓迎です(笑)

  • ベテランデザイナー 代表 戸田 博

    70歳に突入。「まだまだ若いモンには負けん」と日々奮闘中。デザイナー歴50年。社長業も、ディレクターも、時計職人も、雑用も、何でもこなしています。

外部スタッフ

  • 名前の詩ライター Akiko 伊串

    出産を機に、出版業界からウェブに転身したライター。お客様のお祝いに参加でき嬉しいです。人生のいっぱい詰まったポエム、目指してます!
    趣味は読書とオペラ。

  • 在宅勤務 似顔絵デザイナー W.kazu

ページトップへ